続・最後から二番目の恋(第2期)

ドラマ『続・最後から二番目の恋』
©フジテレビ
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
2週間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年12月20日時点のものです。
話数全11話
放送2014年春
放送枠木曜劇場
制作フジテレビ
キャスト小泉今日子/中井貴一/坂口憲二/内田有紀/加瀬 亮/長谷川京子/飯島直子

続編を期待するファンからの後押しを受け、待望の新シリーズが、凱旋!心のどこかにさみしさを抱えながらも、日々を懸命に生きている大人たちに贈る珠玉のドラマ!

\この作品の動画配信状況/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
2週間無料
今すぐ見る

レンタル
30日間無料
お試しする

未配信
31日間無料
お試しする

未配信
14日間無料
お試しする

未配信
31日間無料
お試しする

未配信
30日間無料
お試しする

FODプレミアム ならお試し期間を利用して『続・最後から二番目の恋』の動画を第1話~最終回まで全話無料視聴できます。

注意

パンドラやデイリーモーションなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変です。

また、違法アップロードされた動画はすぐ削除されるため、全話そろっていることがめったにありません

そのため、安全に全話フル視聴するなら動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質
  • 全話イッキ見できる

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『大人の青春って、始末に負えない』

JMTテレビに勤務する吉野千明(小泉今日子)は、鎌倉の古民家で暮らす独身女性。ドラマプロデューサーとして数々の作品を手がけてきた千明は、副部長に昇進し、制作現場を離れて後輩の指導育成をする立場になっていた。 鎌倉市役所観光推進課課長の長倉和平(中井貴一)は、世界遺産の登録に失敗した責任を押し付けられた上、秘書課長も兼務させられる。新しい女性市長・伊佐山良子(柴田理恵)が和平を指名したらしい。 和平の弟で、自宅1階を改装したカフェを営む長倉真平(坂口憲二)は、大橋知美(佐津川愛美)と順調に交際中。和平の妹で専業主婦の水谷典子(飯島直子)は、夫・広行(浅野和之)の浮気を疑い、さっそく和平や千明らに相談を持ち掛けていた。 ある夜、仕事を終えて帰宅した和平は、極楽寺駅で、娘のえりな(白本彩奈)が1歳年上のボーイフレンド・原田蒼太(中島凱斗)と一緒にいるところを目撃する。その際、和平は、蒼太と一緒にえりなを送ってきた母親・薫子(長谷川京子)と知り合った。 そんな折、和平は、市長に同行して、急きょ鎌倉の姉妹都市であるフランスのニースまで行くことになる。同じころ、千明は、長倉万理子(内田有紀)やAP三井さん(久保田磨希)たちがある作家の作品をドラマ化するのに苦労していることを知り、パリにいるというその作家に直談判して原作権を取ってくると宣言。帰国後、千明の前に現れたのは、一回り年下の元彼・高山涼太(加瀬亮)だった・・・。

目次に戻る

第2話『恋愛下手な大人たち』

千明(小泉今日子)の前に、かつての恋人でもある脚本家の高山涼太(加瀬亮)が突然現れる。涼太は、千明と暮らし始めて3日目に、「ごめん、無理」とだけ書いた付箋をマンションのドアに貼りつけて姿を消した相手だ。そんな涼太が、住む場所もなく、仕事も上手くいっていないと知った千明は、食事をおごり、もし困っているなら来てもいい、といって鎌倉の自宅住所を教える。 一方、和平(中井貴一)は、伊佐山市長(柴田理恵)に呼び出され、ゴルフ練習のお供をする。その際伊佐山は、和平の荷物の中に、50代のセックスについて特集している男性週刊誌が入っていることに気づく。それは、一条さん(織本順吉)が原因で買う羽目になった雑誌で、グラビアページには、娘・えりな(白本彩奈)の彼氏の母親ということで知り合った原田薫子(長谷川京子)によく似た女性が載っていた。 あくる朝、千明は、涼太と付き合っていた当時の服を着てカフェ『ナガクラ』を訪れる。それに反応し、つい「今日は若作りだ」と言ってしまう和平。そこへ、典子(飯島直子)がやってきた。夫・広行(浅野和之)が浮気をしているのではないかと疑っていた典子は、彼の後を尾行したのだという。と、そのとき、千明は、イスの上にあった男性週刊誌に気づく。それを覗き見たえりなは、グラビアのモデルを見て「彼氏のママにそっくり」と言い出し・・・。

目次に戻る

第3話『過去の恋は、笑って葬れ』

千明(小泉今日子)は、自分の前から姿を消した理由を涼太(加瀬亮)から聞き、大きなショックを受けていた。あくる朝、千明は、涼太とともに『ナガクラ』を訪れる。そこで、和平(中井貴一)や真平(坂口憲二)たち長倉家の面々を涼太に紹介する千明。万理子(内田有紀)は、涼太がかつて千明を奈落の底に突き落とした男だと付け加えた。千明は、涼太とよりを戻したと勘違いした典子(飯島直子)に、単なる友人としての同居だと説明する。が、典子や和平にはそれが理解できないらしい。すると、それまで千明たちの話を聞いていたえりな(白本彩奈)が、和平と薫子(長谷川京子)が友だちになる約束をしたことを皆にバラしてしまう。和平は、隠しているところがいやらしい、などと千明や典子から責められるが・・・。 そんな折、千明は現場復帰を果たすことになる。隣のチームがやるはずだった連続ドラマが主役の都合で先送りになったため、急きょ、空いた枠を埋めなければならなくなったからだった。主役も内容も何も決まっていない状態で連続ドラマを作ることになった千明は、万理子や武田(坂本真)、AP三井さん(久保田磨希)たちが取り組んでいたドラマをいったん保留にし、元・チーム千明を再結集させる。 同じころ、和平は、市長の伊佐山(柴田理恵)から呼び出される。そこで伊佐山は、「あなたはどういう女性が嫌いですか?」と和平に問いかけ・・・。

目次に戻る

第4話『私の人生、計算外!?』

千明(小泉今日子)の家に上がり込んだ典子(飯島直子)は、涼太(加瀬亮)に興味を抱く。夫の広行(浅野和之)ともめて家を飛び出した典子は、その腹いせに自分も涼太と遊んでやろうなどと考えたらしい。困った千明は、新ドラマの企画打ち合わせをするためにやってきた万理子(内田有紀)に涼太を任せ、ふたりでどこかに行って企画を考えるよう指示する。 同じころ、和平(中井貴一)は、薫子(長谷川京子)と一緒にそば打ち教室に参加していた。そこで和平は、薫子から、鎌倉にいるという寂しい女性を癒してくれる“天使”に会えた、と聞かされる。それが真平(坂口憲二)のことだと確信した和平は、動揺し、そば打ちにも集中できない。 千明は、典子から広行とケンカした理由を聞く。広行は、不動産業者のアンケートに答えたことがきっかけでその店の若い女性に惹かれ、彼女と話がしたくて新築プランの相談をすることにして通い詰めていたらしい。事情を知った千明は、それくらいは普通のことだ、と言って典子を諭すが・・・。 和平が家に戻ると、真平の婚約者・知美(佐津川愛美)が来ていた。ほどなく典子、千明も現れ、一同は、和平から薫とのそば打ちデートの話を聞き出そうとする。するとそこに、薫子が息子の蒼太(中島凱斗)を連れてやってくる。そこで薫子は、“鎌倉の天使”こと真平と再会し・・・。

目次に戻る

第5話『全く大人って生き物は・・・』

急きょ、連続ドラマを制作することになった千明(小泉今日子)は、涼太(加瀬亮)と万理子(内田有紀)に脚本を書かせる。だが、涼太が書いてきた脚本は、千明を満足させるには程遠いレベル――千明いわく「いままで読んだ本の中で一番つまらない」というほどの内容だった。千明は、事情を知った友人の祥子(渡辺真起子)、啓子(森口博子)に諭され、彼女たちとの飲み会を止めて涼太と話をするために帰宅する。 一方、和平(中井貴一)は、薫子(長谷川京子)から、セックスフレンドを前提とした友人関係を求められる。困惑した和平は、帰宅途中にバーに立ち寄った。するとそこに、典子(飯島直子)の夫・広行(浅野和之)が現れる。広行は、不動産会社の若い女性・詩織(中西美帆)に恋していることを和平に打ち明けると、こともあろうに応援してほしいなどと言い出す。 千明が帰宅すると、万理子と涼太が泥酔状態の典子に手を焼いていた。万理子たちが帰ってきたときには、すでに典子はこの状態だったらしい。典子は、千明に抱きついて泣き出したりしていたが、やがて倒れるように眠ってしまう。万理子は、千明が涼太に話があることを察し、その場を後にした。そこで千明は、脚本を読んだ感想を涼太に切り出そうとするが・・・。

目次に戻る

第6話『それでも人生は素敵だ』

千明(小泉今日子)は、早朝の海岸で、知美(佐津川愛美)との結婚を明日に控えている真平(坂口憲二)を見かける。真平は、持病のことや、両親の死後、苦労して一家を支えてきた和平(中井貴一)の姿を見てきたこともあって、親になれないかもしれないと悩んでいた。いままで知美と関係を持たなかったのはそのせいだった。そんな真平の気持ちを知った千明は、未来を信じよう、と励ます。 その日、和平たち長倉家の面々は、知美を連れて墓参りに行く。そこで、墓前に結婚の報告をする真平と知美。真平の様子を気にかけていた和平は、知美と楽しそうにしている真平の姿に安心する。 千明は、万理子(内田有紀)、典子(飯島直子)、えりな(白本彩奈)とともに、知美の独身生活最後の夜をともに過ごす、バチェロレッテ・パーティーを開く。そこで千明は、典子に行方不明中の夫・広行(浅野和之)のことを尋ねた。すると典子は、結婚生活を放棄したのは広行の方なのだから自分は婚活を始める、などと言い出す。 一方、和平と真平は、カフェ『ナガクラ』で開かれる結婚式の準備に追われていた。するとそこに、広行が現れる。たまたま玄関先に出てきた真平と出くわした広行は、紙に包んだお祝い金を手渡すと、幸せな結婚生活を送ってくれと言い残してその場から立ち去ってしまい・・・。

目次に戻る

第7話『歳を重ねてピュアになる』

千明(小泉今日子)は、和平(中井貴一)とえりな(白本彩奈)が、薫子(長谷川京子)親子と仲むつまじく食卓を囲んでいる姿を目撃し、何故か心がざわつく。和平は、そんな千明を気にかけていたが、彼女が万理子(内田有紀)らとともに連続ドラマの台本入稿作業に追われていたこともあって、なかなか会えずにいた。 そんな折、鎌倉市役所内では、伊佐山市長(柴田理恵)が和平に対してハラスメントをしているという噂が立っていた。それを知った伊佐山は、秘書課長の解任を和平に提案する。しかし和平は、くだらない噂のせいで仕事を投げ出すのは嫌だと反対し、自分が市長を守ると宣言する。 和平は、多忙な伊佐山に気分転換をしてもらうため、田所(松尾諭)、知美(佐津川愛美)とともに彼女を展望台に連れていく。するとそこに、一条さん(織本順吉)が現れた。一条さんと伊佐山が親しい間柄だと知って驚く和平。一条さんは、和平がキャバクラ仲間で、母娘と同時にお見合いしたことも伊佐山に話していた。そこに、友人と散歩に来た薫子も現れて話はさらにややこしくなり・・・。 一方、脚本家・栗山ハルカ(益若つばさ)の子どもの面倒を見ていた典子(飯島直子)は、そのシッターぶりを評価されて喜んでいた。千明は、生活のために働く必要があるなどと言う典子のことが心配で・・・。

目次に戻る

第8話『大人はみんな問題児。』

上司から呼び出された千明(小泉今日子)は、ふたつの指示を受ける。ひとつは、千明たちが現在取り組んでいる連続ドラマの初回放送が2時間スペシャルになったこと。そしてもうひとつは、JMTテレビが社運をかけて制作するという映画の脚本家に、万理子(内田有紀)が抜てきされたことだった。千明は、万理子を抱きしめて祝福するが・・・。 一方、伊佐山市長(柴田理恵)とともに、広報誌の取材を兼ねた海岸清掃に向かっていた和平(中井貴一)は、失踪中の典子(飯島直子)の夫・広行(浅野和之)を見かける。広行は、女性と一緒だった。 同じころ、カフェ『ながくら』では、真平(坂口憲二)が薫子(長谷川京子)の助けを得て混雑する時間帯を切り抜けていた。その際、真平は不意に体の異変に気づき、不安に襲われる。 JMTテレビでベビーシッターの仕事をしていた典子は、和平から電話をもらい、広行の件を知る。海岸のベンチで寝そべっていた広行を発見した典子は、逃げようとした彼を捕まえ、長倉家まで引っ張ってくるが・・・。

目次に戻る

第9話『恋で泣く大人も悪くない』

千明(小泉今日子)は、薫子(長谷川京子)と一緒に酒を飲みに行く。極楽寺駅で偶然出会った薫子から、ふたりで話したいと誘われたのだ。千明と薫子は、お互いに苦手なタイプであることを認識しながらも、大人なのだから親友にはなれなくても認め合うことぐらいはできる、と納得して飲み続けた。 同じころ、和平(中井貴一)は、娘のえりな(白本彩奈)とふたりだけで夕食をとっていた。何か会話の糸口を探そうとあれこれ考える和平。しかし、それを察したえりなに、面倒くさい空気が伝わるから止めてほしい、と言われてしまう。そんなえりなに、和平は、父親らしいことを何もしてやれなかった、と謝り・・・。 飲み続けていた千明たちの話題は、男の前で泣いたことがあるかどうかに。計算して泣くわけではないが我慢はしない、という薫子に対し、男の前で泣いたら負けだと思って生きてきた、という千明。そんな話をしているうちに、和平の話になった。千明は、和平とは恋愛しないのか、と薫子から問われるが、はっきり答えられない。薫子も、和平が自分のことをどう思っているのか知りたいらしい。そこで千明は、和平をこの場に呼びつけて直接問い詰めようと提案。さらに、ふたりで同時に電話してどちらが先につながるか、どちらに先に折り返しがあるか、やってみようということになり・・・。

目次に戻る

第10話『恋をのぞけば、順調です』

千明(小泉今日子)は、人間ドックに行くよう、AP三井さん(久保田磨希)に詰め寄られる。会社から人間ドックを受けるよう命じられていた千明は、三井さんから何度も念押しされていたにもかかわらず、多忙を理由にいまだに行っていなかった。が、人間ドックに行ってほしいというのがスタッフ全員の総意だ、と万理子(内田有紀)たちからも言われた千明はしぶしぶ了承し、早速明日病院に行くことになる。 あくる朝、和平(中井貴一)がいつものように海岸で桜貝を探していると、千明がやってくる。千明は、人間ドックに向けて、気合を入れるためにジョギングしているのだという。千明が人間ドックに行くと知った和平は驚いた。実は和平も、半年に一度休みをとって人間ドックを受けており今日、病院に行く予定になっていた。しかも、千明が行くという病院は和平と同じところだった。 千明と和平は、そろって病院を訪れる。現実を知りたくないから怖い、という千明を、まだ若いから心配しなくても大丈夫だと言って励ます和平。ふたりは、さまざまな検査を受けた後、医師のカウンセリングを受けるが・・・。

目次に戻る

第11話(最終回)『二人で200歳へ!!人生まだまだファンキーだ』

新作ドラマのロケを千明(小泉今日子)の家で行うことになった関係で、千明は長倉家に居候することになった。撮影期間中、千明はホテルなどに宿泊するつもりでいたが、和平(中井貴一)が「ウチにくればいい」と誘ってくれたのだ。 長倉家での最初の朝、千明は、ノーメイクの素顔を和平に見られてしまう。それがきっかけで、いつものように言いたことを言い合うふたり。その際、千明は、「もうずっと一緒に暮らしますか」という和平の言葉に一瞬ドキッとして・・・。 撮影に向けて、真平(坂口憲二)や万理子(内田有紀)は早朝からケータリングの準備などに追われる。千明もえりな(白本彩奈)と一緒に、朝食の準備を手伝った。するとそこに、宅配ピザの制服を着た典子(飯島直子)が現れる。典子は、千明や万理子にはバレないように監督に接触し、宅配ピザの店員役をもらっていたのだ。典子は、ドラマの主人公を演じる俳優のファンらしい。 撮影が始まると、知美(佐津川愛美)、薫子(長谷川京子)と息子の蒼太(中島凱斗)もやってきて真平の手伝いをする。そんな折、撮影が中断するトラブルが起こり・・・。

目次に戻る

シリーズ/関連のドラマ作品