リカ

ドラマ『リカ(東海テレビ)』
(C)五十嵐貴久/幻冬舎文庫(C)東海テレビ/共同テレビ
\この作品を見るならココ!/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
2週間無料
今すぐ見る
※本ページの情報は2019年12月1日時点のものです。
話数全8話
放送2019年秋
放送枠オトナの土ドラ
制作東海テレビ
キャスト高岡早紀/小池徹平/夏菜/徳永えり/柏原収史/西岡徳馬/大谷亮平

【第1部】都内にある花山病院。規模は小さいが、入院設備も整い地域医療を担っている。 そこに看護師として雨宮リカ(自称28)/(高岡早紀)が採用された。 副院長で外科医の大矢昌史(34)/(小池徹平)は、優柔不断なところもたくさんあるが腕は確か。 将来を嘱望される病院のエースで婚約者もいる。しかし、昌史はリカにとっての運命的な出逢いをしてしまう。 そう、リカは「運命の相手」として、昌史に目を付けて病院に入り込んだのだった。 すると、花山病院で不可解な事件が続く。消えていく患者、看護師、医師たち・・・ そして、昌史の婚約者にも伸びるリカの魔の手。果たして、リカの狂った愛情の終末は・・・? 【第2部】-3年後。映画会社のプロデューサー・本間隆雄(40)/(大谷亮平)は、 妻の浮気が原因で別居中、愛する7歳の一人娘とも離れて暮らしていた。 ある日、仕事上のリサーチのため「メールで文通ができるマッチングアプリ」に登録する。 そこにハンドルネーム<リカ>を名乗る女性からメールが。しばらく文通が続き、 本間は仕事目的で<リカ>に会ってみようと提案する・・・。これが地獄への入り口、破壊への幕開けだった。 以来、本間の携帯には、おびただしい数のメール、着信が。会社に自宅に、リカの執拗なストーキングが続く。 本間の同僚、探偵、刑事、そして妻と娘と周囲を巻き込んだ壮絶なストーリーは、予想外の結末を迎えることになる。

\この作品の動画配信状況/
配信サービス配信状況無料期間

見放題
2週間無料
今すぐ見る

未配信
31日間無料
お試しする

未配信
14日間無料
お試しする

未配信
31日間無料
お試しする

未配信
30日間無料
お試しする

未配信
30日間無料
お試しする

FODプレミアム ならお試し期間を利用して『リカ』の動画を第1話~最終回まで全話無料視聴できます。

注意

パンドラやデイリーモーションなどの海外動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

他のユーザーのつぶやきも見る

万一ウイルスに感染したら大変です。

また、違法アップロードされた動画はすぐ削除されるため、全話そろっていることがめったにありません

そのため、安全に全話フル視聴するなら動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染の心配なし
  • 邪魔な広告なし
  • 邪魔な字幕なし
  • 高画質・高音質
  • 全話イッキ見できる

こちらの動画配信サービス はお試し期間に解約すると料金はかかりません。

第1話『あなたは運命の人』

雨宮リカ(高岡早紀)が、花山病院に看護師として入ってくる。他の医師には目もくれず、副院長の外科医・大矢昌史(小池徹平)との診療を熱心に行うリカ。大矢もリカの自分への態度に徐々に困惑していく。花山病院には次々と不審な事件が起こり、大矢の人生はリカによって大きく狂い始めていく。

目次に戻る

第2話『これは私たちだけの秘密』

院内では、看護師長の小山内(池谷のぶえ)が階段から転落し、植物状態になってしまったことに、皆ショックを受けていた。しかし院長の大次郎(西岡徳馬)は、病院の落ち度が世間に公表されることを恐れ箝口令を敷く。一方、リカ(高岡早紀)は、大矢(小池徹平)に接近するために更なる手段を取る。リカに翻弄されていく大矢・・・・・・。

目次に戻る

第3話『鈍感な女・・・死ねばいい!』

花山病院では大矢(小池徹平)とリカ(高岡早紀)が付き合っているとの噂が流れていた。驚いた大矢は執務室にリカを呼び出し怒鳴るが、態度を豹変させたリカに、逆に恐怖を感じる。そんな折、看護師長の藤鐘(安藤玉恵)も、リカを危険人物だと怪しんでいた・・・。リカの暴走する愛が、大矢の日常をさらにあらぬ方向に歪めていく・・・。

目次に戻る

第4話『私の何がいけなかったの!』

警察は藤鐘(安藤玉恵)が小山内(池谷のぶえ)の人工呼吸装置を切った後、自殺したと断定。大矢(小池徹平)は何かの間違いだと声を荒げるが、大次郎(西岡徳馬)は事件を穏便にすませるように警察に頭を下げる。そんな中、リカ(高岡早紀)に対する考え方でも意見が分かれ、大矢と大次郎の対立は決定的になり・・・。そこにリカの狂気の愛が襲いかかり、絶体絶命の大矢に悪夢のような展開が待ち受ける!衝撃と戦慄の第1部完結!

目次に戻る

第5話『やっと出会えた・・・運命の人』

映画会社・宝映に勤めるプロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は、映画のリサーチの為に、マッチングアプリに登録する。別居中とは言え、妻子ある身としては、本来必要無いのだが・・・。そんな本間が書いた“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールに興味を持ち連絡を取ったのは、リカ(高岡早紀)だった――。

目次に戻る

第6話『私、いいお母さんになるから!』

リカ(高岡早紀)から執拗に来る電話やメールに本間(大谷亮平)は困惑していた。リカが働いている会社にまで尋ねてきたので、正直に事情を伝え、謝罪する事にする。映画の企画のリサーチのために文通アプリに登録したと言い謝る本間。それに対しての、リカの反応は、意外なものだった――

目次に戻る

第7話『リカはストーカーなんかじゃない!』

千秋(夏菜)に盗聴器を仕掛けさせ、本間(大谷亮平)と探偵・原田(柏原収史)の会話を聞いていたリカ(高岡早紀)。自分がストーカー扱いされていることにショックを受ける。会社が入ったビルの表の道を歩く本間。「たかおさん!」の声にギョッとして振り返ると、そこにはリカが立っていて・・・。

目次に戻る

第8話『もうあなたしかいないの・・・』(最終回)

娘の亜矢(稲垣来泉)をリカに誘拐されたと確信している本間(大谷亮平)は、刑事の菅原(藤岡正明)にリカ(高岡早紀)の自宅を特定し捜査して欲しいと依頼する。だが、行方不明や事故の可能性もある以上、今すぐには難しいと言われ・・・・・・。万策が尽きたかに見えたが、意を決した本間が捨て身の行動に出る――

目次に戻る